読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モーニング娘。’15 DVD MAGAZINE Vol.75

ハロプロ

黒月です、こんにちはm(_ _)m
さて今回もDマガの紹介で更新です。




今回は2015年春ツアーの舞台裏の模様を収録したvol.75です。vol.74のような企画ものもいいですけど、Dマガといえば舞台裏と言ってもいいくらい多く販売されてますよね。vol.74の続きが収録されているvol.76の発売が開始されましたが、このvol.75も内容を見る限りMCだったり回替わり曲が収録されていないので、続きがあと2本くらいでそうです。いっそのこと一気に発売してくるとありがたいのですけど。まぁ、そのあたりは大人の事情もあるのでしょうがw


それでは、印象に残ったシーンを粗いキャプ画を用いながら紹介しようと思いますm(_ _)m
先日ツイッターの方では同じような内容のツイートをしてますのでほぼ被った更新にはなりますがw








足の負傷のため冬のハロコンで満足にパフォーマンスができなかった鈴木さん。満を持しての春ツアーにテンションが異常にあがってます





初の単独ツアーに緊張していることを話す最年少メンバー羽賀さんを見守る最年長のサブリーダー飯窪さん。そして緊張している同期の横を手を繋いで通り過ぎるはーちぇる






初日開演直前。史上最高のリーダーとも評価された道重さゆみさんの卒業後初ツアー、12期は初の単独ツアー、そして最年少リーダーとして初めて臨むツアーでメンバーが色々思うところもあったのでしょう、涙ぐむメンバーが多い中、メンバー一人一人とハグをする譜久村さんが印象的です





工藤「がんばりましょう!」
鞘師「うん」


鞘ハル





佐藤「どぅ」
工藤「大丈夫大丈夫がんばろう。メモリー(小田さんと二人で歌う「Memory 青春の光」)がんばってね」


喧嘩することもあるけど、なんだかんでお互い信頼し合っているまーどぅ





佐藤「(ステージに)出ちゃえば大丈夫!出ちゃえば大丈夫!...(中略)...来い!かかって来い!」


初日開演前の極限の緊張を必死に紛らわす佐藤さん。このシーン以外にも緊張しているメンバーの模様が映し出されている冒頭の数分間は、見てるこちらも緊張してしまいます





春ツアーの見せ場の一つ佐藤さんと小田さんの「Memory 青春の光








初日公演ラストの「涙ッチ」
色々思うところがあったであろうリーダーを優しくいたわる鞘師さん。決して大好きな譜久村さんにベタベタ触れたかったとかいう邪な気持ちからではないと思いたい←







公演終了後の舞台袖。いつもとは逆に譜久村さんからハグされ戸惑いの表情を見せる鞘師さん







2日前に誕生日を迎えた小田さんに対して会場が「さくら」コールする中、「おーだ、おーだ」と苗字で相づち打つ石田さん。照れてるんでしょうね。某A氏によれば石田さんは小田さん大好きらしいですからw






メンバー紹介も兼ねた「女子かしまし物語」で側転を披露することもあり、ウォーミングアップをする生田さん。
冷静に考えると体操選手と違ってヒールで側転してるの相当すごいですよね

あと逆立ちしてるのにTシャツがめくれてお腹は見れないのが残念でした←×





リハーサル中の鞘師さんが着ているTシャツ。
これって「愛の軍団」の鞘師さんがプリントされてると思うのですが、非売品でしょうか?ファンの方からのプレゼントだったり?






新メンバーが参加する初ツアーで新メンバーだけで披露するのが定番化している曲「好きな先輩」。9、12期はフルで披露したのに10期はワンハーフだったことにご不満の石田さん



しかしそのあと「まぁ、小田は〜まったくやってないんですけどw」と大好きな小田さんいじりを忘れない石田さん







佐藤「緊張が止まらないんです。(会場が)めっちゃ盛り上がってる...やばい...ほんとにまーでよかったのかな、メモリー。メモリーほんとにまーでよかったのかな?って思う」






最後は頬を叩いて気合を入れてステージへ。


大丈夫。二人のメモリー最高でした





風邪気味だったこともありベストなパフォーマンスを見せれず悔し涙を流す佐藤さん
ツアー全体を通して喉の調子が完全でないことが多く、悔しい思いをすることも多々あったのでしょうね。この曲に対する佐藤さんの思いが伝わるシーンが多く収録されています






そんな中でも本番前の「がんばっていきまっしょい」では真っ先にリーダーの手に自分の手を重ねるシーンが印象的でした





地元凱旋コン終了後、泣きそうになるのを笑ってごまかそうとする石田さんを支える飯窪さんと工藤さん





2014年秋ツアーに帯同していた頃の福岡公演について語る野中さん。そのときの福岡と言えば楽屋で伝説のさゆさや告白タイムがあったときですね!

Dマガ72収録の1シーン









「道重さん・・・ぶち好きじゃけぇ」
「ぶち好きやけぇ」




地元公演ということで本番前にコメント求められ締めに


生田「あとは最後にがんばって生田ー」
全員「はーい(棒」


みんな生田さんの扱いをわかっているようです




カメラに向かってキスをする牧野さん




を真似る鞘師さん




鞘師さんは近くにいた飯窪さんにもするように無茶ぶり。いやいやながら飯窪さんもキス顔を披露することに





が、しかし、その顔は事務所NGだったようです





まさかの顔に無茶ぶりをした鞘師さんも申し訳ないような気持ちもあったのか戸惑いを隠せない表情





福岡公演での「えりなコール」中の会場の様子。3階席だったので管理人はこの画像の右上あたりで観覧してました(いらない情報





福岡公演の挨拶。「自分が話す広島弁と違って博多弁はかわいい。凱旋コンもあっていつも以上に博多弁で話す生田さんが「今日は」かわいかった」と話す鞘師さん。
と見つめ合うぽんぽんコンビ




生田「今日は?」



生田「今日も?」



それに対して「今日は?」「今日も?」と聞く生田さんと会場に対して鞘師さんは





「ありがとうございました。鞘師里保でしたー」
と質問を華麗にスルー。期待通りの回答にメンバーも会場も爆笑でした(管理人経験談





譜久村さん挨拶。譜久村さんが不安なとき生田さんは横にきて「大丈夫よ」と励ましてくれるそうです。良いエピソードでしたがそのあとに続く「何の根拠もないのに」という言葉に生田さん大爆笑。
それでも生田さんが「大丈夫」というと本当に大丈夫になるらしく、生田さんの不思議な雰囲気に譜久村さんは助けられているようです。この後生田さんに向かって「福岡バリ好いとーよ」と言い生田さんは「えりに言われても...みんなに言い」と続きますが、きっと譜久村さんの照れ隠しだったのでしょうね。本当は「えりぽんバリ好いとーよ」と言いたかったのでしょう(希望的観測





凱旋コンダブルアンコールの生田さん。最後の締めをどうしようか悩む仕草が超絶かわいかったです。ステージの端にいてスクリーンでも正面から映ってなかったのが悔やまれます





カメラに向かってピース





ではなく反対側の工藤さんとステージに出るタイミング(2秒前という意味で)を合わせていたのだと思います....たぶん




そのあと袖のカメラに笑顔を見せる小田さん。やっぱり単にカメラにピースしてただけなのかもしれないw





佐藤さんの凱旋コン開演前。円陣で佐藤さんの肩に顔を預けたり、ハグして緊張をほぐす二人が印象的でした





佐藤「撮らないでくださいよ!バレちゃうじゃないですか!」




佐藤「どぅはねー、まーちゃんのものだからあげませんよ」



二人の禁断の関係がついに公に...
こういう佐藤さんは珍しいですよね。普段カメラの前では工藤さん好き好きアピールはしない子ですからね





佐藤「しゅわぽくでーす」


「しゅわぽく」って当人たちも使用する公に認められてる呼称だったんですね





戦闘態勢完了!
といった感じの生田さん。素敵です






なんでしょう...この...情事の後の男女のような雰囲気





宇都宮名物の餃子を食べて至福の表情を浮かべる(おそらく)すっぴんの工藤さん





生田さんの二の腕が素晴らしすぎる






体調不良により公演途中で休むことになった工藤さんの歌割の引継ぎを確認する鞘師さんと佐藤さん。
工藤さんの体調も気になりますが、佐藤さんの右膝のサポーターも気になりました。秋ツアーもそうですが、ダンスがハードになってる部分も多くまだ10代半ばの体が完全にできあがっていない子には気付いていない所で蓄積疲労があるのかもしれないですね。ちょっと心配です





地元公演、休演した工藤さんが乗り移っているという鞘師さん。「ステージにはいないけれども気持ちは工藤さんもいっしょだ」と言いたいのでしょうけど、鞘師さんがいうとちょっと変態チックに聞こえますね(ぉ)






広島公演終了後の「鞘師最高」コールを聞く鞘師さん
これもこの間のラスト凱旋コンで見納めになってしまったんですねぇ...




'15の公演を見に来たチャオベラチンクエッティの岡田ロビン翔子さん.......ではなく元メンバーの光井愛佳さん







ツアーも終盤になりリラックスできるようになったのか、最後の曲で佐藤さんが工藤さんにほっぺちゅー。突然のことに驚く工藤さんとしてやったりの佐藤さんが微笑ましいですね







若干お疲れ気味で眠い譜久村さんを労わる鈴木さん。甘えモードの譜久村さんに優しく接する鈴木さんが素晴らしいみずっき





ステージ袖のカメラに気付いてカンノンスマイル





譜石尾野の4人の中にしれっと乱入してきてごく自然に後輩に後ろから抱き付く生田さん。チャラいです。たらしです。イケメンです





鞘師「はい、今からおもしろいことしまーす」


鞘師さんの突然の発言に大盛り上がりのメンバー。鞘師さんは弟のものまねをすることに。果たしてその面白いこととは....





鞘師「元気でおまっかー?(お尻を左右に振りながら」


おぉぅ(静止画じゃ伝わんねーw


ノリ*´ー´リ<うちがモーニング娘。'15のエース鞘師里保じゃけー!








千秋楽武道館公演直前。長いようで短い春ツアーも終わりということで開演前は涙ぐむメンバーもいました。
ただ変顔する小田さんや変な動きをする石田さんなど、なぜかみんな変なテンションになってたりもしてます。千秋楽は独特の雰囲気があるのでしょうね







そんな中、大好きな譜久村さんにハグしてもらった鞘師さんは至福のあまり昇天したようです





武道館公演終了後。この日も喉の調子が完全ではなかった佐藤さんは、今できることを出し切ったとはいえやはり悔しさもあり涙する場面も。この思いはきっと次への糧になることでしょう








公演後石田さんはカメラに向かってキザなポーズ




しかし、キャラに似合わないことをして恥ずかしかったようです





最後はリーダー譜久村さんの笑顔での「おやすみずき」で終了です。



どうもありがとうございました。ではまた機会がありましたらお会いしましょうm(_ _)m