[本]最近読んだ本 249冊目「また次の春へ」

また次の春へ

また次の春へ


東日本大震災で被害にあった人や家族、友人を亡くした人などを扱った作品。7つの作品のどれもが似たような感じではありましたが、結構考えさせられる内容でした。幸いにも私の身内には被害にあった人はいませんでしたが、今度は自分が同じようなことを経験する可能性は低くはないですからね。
だからといってなにかをしようとか思わないあたり、私はダメ人間だなぁと_| ̄|○