ジャンプ2013年19号

ハロプロDVDマガジン宮本佳林ちゃんを見てて美貴ちゃんを思い出したので、久しぶりに聞いてみました。やっぱ昔の美貴ちゃんはいいですね(遠い目


では、本日は土曜日なのでジャンプの感想で更新です。お暇な方は続きへどうぞm(_ _)m




ONE PIECE
コロシアムに参戦するメンバーはどれも惹かれないキャラばかりですな。頂上戦争に白ひげ傘下として加わった海賊もそうでしたが、いかにもっていう外見がちょっとね。まぁ、盛り上げるためのちょい役ですからいいのかもしれませんがw
そんな中ハイエナのベラミーがいたのは意外でした。まさか生きていたとはドフラミンゴも存外甘ちゃんですよね。ドフラミンゴの推薦ということはまだファミリーを抜けていなのでしょうけど、因縁のルフィと再戦があったりも?ジャヤのときみたく瞬殺されたら面白いんですけどねw
あとはジーザス・バージェスですね。黒ひげは四皇の一人になったんですね。まぁ、あれだけのメンツですから当然なのかもしれないですけど。バージェスは一番船船長ということですし、傘下の海賊かあるいは純粋に戦闘員が増えたのでしょうかね。
バージェス以外で生き残るのはルフィ、レベッカ、キャベンディッシュといったところでしょうか。どちらにしろメラメラの実はルフィに渡らないんじゃないかなぁと予想してますけど、どうなるでしょうかねぇ。
あとキャベンディッシュがルフィに詰め寄るシーンでルフィが「それは逆恨みって言うだぞ・・・」と言ってますけど


お前が常識人ぶってえらそーなことを言うなよwwww


と声を大にしてゆいたいです。いままで散々わがままで周りを振りまわしてきたのに、キャベンディッシュのいちゃもんに「やれやれ」みたいな態度とられてもねぇ(^ω^;)






【ジェダの通学路(読切)】
『magico』の岩元先生の読切。ページ数が少ないので大きな展開にはならなかったですけど、少年マンガっぽい冒険譚でよかったと思います。なんとなく『HUNTER×HUNTER』のクラピカの番外編とダブって見えたりもしましたけどねw







ニセコイ
砂糖と塩を間違えるというベタな展開ですが、逆に懐かしくていいなと感じたりもしました。まぁ、塩チョコというのもあるみたいですし、あながち間違いとも言えないのかもしれませんがw
しょっぱいチョコを食べても美味いという楽は相変わらずいい奴ですね。ふと莉乃ちやんが作った塩が効き過ぎたおかゆを文句を言いながらも全部食べるというりのべの更新を思い出しました(いつの話だw
あと小野寺が「もうちょっとかわいい顔で渡したかったなぁ」と言ってましたけど、小野寺ちゃん、君は自分が可愛いというのを自覚しているのかな(・∀・)ニヤニヤ





BLEACH
破面ホワイトは死神の魂を元に創り上げたということですが、白髪ということで浮竹という可能性はあるでしょうか?浮竹が病弱なのは魂の一部を抜かれたからだとかいうのは、さすがに突飛すぎますかね(^ω^;)
真咲は所謂肉を切らせて骨を断つ戦法でホワイトを仕留めましたが、これって虚に怪我を負わされたことになるわけですよね。つまりその真咲の子供である一護が完現術を使えたのは、この戦闘で負傷した真咲が影響しているのでしょうかねぇ?あと虚化した一護とホワイトが似てるのもこの戦闘が何か関係があったりも?






SKET DANCE
相変わらずチュウさんの発明はすごいな。なぜノーベル賞を受賞しないのだろうかwww
ヒメコが口にした27、8歳が仕事がおもろなってきて調子こき始める頃っていうのは合ってるような合ってないような・・・。
もしかしたら篠原先生がそうだったの☆カナ






【恋するエジソン
秤ちゃん、なぜお風呂に入るのに水着を着てるんだよ、秤ちゃん_| ̄|○




めだかは今回ばかりはもう終わりですよね。さすがに卒業後もっていうのは・・・。あとキルコ、ハングリーあたりもまとめに入った感じでしょうかねぇ。