最近読んだ本 216冊目「訣別の森」

訣別の森

訣別の森



ある事件をきっかけに自衛隊を辞め北海道でドクターヘリの操縦士になった男が、元部下を偶然救助したことによって大きな事件に巻き込まれていく話。
第54回江戸川乱歩賞受賞作ということで巻末に批評がありましたが、受賞はしたけど不満要素も多かった作品のようで。他と比べると優れていたとか将来性に期待してっていう批評が見受けられました。
個人的には北海道の自然とドクターヘリという救命救急が題材でしたので楽しんで読めましたけどね。たしかに偶然が多用され過ぎてる感はありましたし、登場人物が惹かれるキャラではなかったりはしましたけど。選考委員はみな名のある作家さんですが、プロの考えは私のような素人、というか文学を理解できないおっさんにはよくわからないものなのでしょうね(^ω^;)