ジャンプ2013年1号

ぎっくり腰ではなかったみたいです\(^o^)/


まぁ、それでも痛いことは痛いですし、来週もう一回今度はMRIの検査を受けるのですが、軟骨の状態がどうのこうのとか言われましたけど、なんともないといいんですけどねぇ。



(月´ー`)<てなわけで今夜もまた相手してあげられんっちゃ、ごめんねみずき
ノノ∮‘ _l‘)<うぅん、大丈夫よ、気にしないでダーリン(はぁと
(月´ー`)<ありがとハニー(はぁと
ノハ*゚ ゥ ゚)<だからそれは私のネタだと何度もwwwww
(月´ー`)<それではジャンプの感想で更新です
ノノ∮‘ _l‘)<お暇な方は続きへどうぞ
ノハ*゚ ゥ ゚)<シカトおおおおおぉぉぉぉおおおぉぉおおお




ONE PIECE
シーザーが急に小物っぽくなってしまいましたね。慌てふためき様がスパンダムを連想させましたw
ラストのローがヴェルゴを倒すシーン。大阪の人も言われてましたが、ローのパワーアップが酷過ぎてちょっと萎えました。ヴェルゴや室内の機械装置だけならまだしも、研究所そのものを真っ二つにしてますからね。こんなのゾロでも無理でしょ('A`)


てなことを思ったんですけど、よ〜く見てみたら心臓を取り戻したことでオペオペの実のルームの範囲が広まっただけなのかなと思ったりも。ヴェルゴが向かってくる前にローが能力を発動してるコマが描かれてますしね。それだったら納得もできるのですが。
あと細かいですけど、ドフラミンゴが使用してる電電虫がドフラミンゴと同じサングラスかけてるのがツボでしたw






HUNTER×HUNTER(クラピカ追憶編)】
久しぶりの掲載が本編の続きではないというねw
今回登場したパイロは、たしかヨークシンシティ編でクラピカがパクノダとの交渉中クロロに鎖を刺すシーンで思いだした仲間ではなかったでしょうか。もう何年前のことかは覚えてませんが(ノ∀`)
外界に出る前のクラピカは直情傾向というか沈着冷静の真逆ですね。まだわかりませんが、クラピカたちが外部に出たときに旅団がクルタ族を襲撃してきたってことでしょうか?それにはシーラが関係してるようなしてないような・・・。




BLEACH
浦原たちを助けたのはグリムジョーってことでけーおつでしょうか?いずれ一護と共闘ということもあるのでしょうかね。
そして、空鶴の元にいたのは銀城、月島、それと・・・・バーテンの人(名前忘れたw
月島は結局死んだってことなんですかね。それとも自らの意思で尸魂界に移り住んだのか。どっちにしろここでエクスキューションのメンバーまで出すのはどうかと思いますがね。空鶴が言っていた叔父貴というのは一護と関係しているのでしょうかね。真咲の血縁者だったりするのでかな。それで一護海燕が似ていたとか?
あとどうでもいいですが、天鎖斬月について一護は「直す」だったのに和尚は「治す」だったのが気になりました。単なる誤植なのか、久保先生に何らかの意図があったのかは不明ですけどね。




SKET DANCE
両手を縛られた女達が己の欲望をむき出しにして動物のように跳ねながらあんパンに食らいついているな



パン喰い競争を卑猥に表現する篠原先生のセンスが好き(・∀・)






【ハイキュー!!】
主人公側ではなく主人公が負かした敗者側にスポットを当てた話。スポーツ作品だからこそできる話だったと思いますが、たまにこういうの見ると感動しますね(´;ω;`)
あっけなく”部活”を終わる奴だった中学時代を思い出しました(遠い目