ジャンプ2012年44号


さゆのラララのピピピっていい曲ですよね、こんばんは黒月ですm(_ _)m
この画像見て先日の福岡コン思い出しました。さゆのバックでまーちゃんと鞘師くんが踊ってたんですよね。2週間しか経ってないのにかなり昔のことのように感じる(ノ∀`)


ではでは、本日はジャンプの感想で更新です。今日発売の45号ではなく44号の感想ですが、物好きな方は続きへどうぞノシ




【トリコ】
弱肉強食が自然の摂理とはいえ、食欲を満たすためならなんでもしようとするこの作品の姿勢が、読切のときからあまり好きになれなかったです。四獣を喰おうとする四天王をみて、その気持ちはいまも変わってないなぁと感じました(´・ω・`)




銀魂
マザーやったことないので冒頭のネタについていけなかった_| ̄|○
元ネタ知ってるとポスターももっと楽しめたのでしょうけど。空知先生とは同世代だったと思うんですけどわからないこともあるのかぁ(´・ω・`)
最後の締めは銀魂らしくて良かったです。ただ「え?これ、最終回じゃないよね?」って思ったりもしましたがw




【クロス・マネジ】
沢城彩姉さんに叱られたい!





【超速変形ジャイロゼッダー(読切)】
作画の水野先生は以前連載されてた『メタリカメタルカ』の作者さんですよね。主人公がそっくりでしたのですぐにピンときました。
内容は、変形ロボット系マンガ。ガンダムは好きですけど、こういうのはあまり好きじゃないですかね。小学生のころだったらハマったかもしれませんけどw
小学生がメインで悪と戦うという設定で思い出しましたが、20年以上前に小学校がロボットに変形してクラス全員で操縦して悪者と戦うっていうアニメがありました。ちょうどその頃私も小学生だったので「かっけぇ(・∀・)」と思いながら観てたものでした。この作品みても同じように感じないのは、私も大人になったという証拠ですかね(当たり前だろ





BLEACH
ありきたりですが山じいと戦ってたのは本物のユーハバッハではないということでしょうかね。この戦いで山じいは流刃若火の卍解『残火の太刀』の東西南北という4つの形態を披露したわけですが、山じいのセリフからするとこれで滅却師は『残火の太刀』を解明することができて卍解を奪うことが可能ということに。そのための捨て駒として偽物が使われたのでしょうかね。『残火の太刀』が奪われて使用されたら「一護はどうやって倒すんだよ」ってなってしまいますが、大丈夫なのでしょうか(^ω^;)





こちら葛飾区亀有公園前派出所
夏の虫とり・・・子供のころを思い出しますね。今は虫触るのとか気持ち悪すぎて無理ですけどね(^ω^;)
セミの寿命の話は知ってましたが、羽化の確率や強運の証という話は初耳でした。昔学校に行こうとして玄関を出ると壁にセミの抜け殻がありましたが、あのセミも強運なセミだったんですねぇ(遠い目
そんな強運なセミたちを捕まえてエアガンで撃ってた私はなんと残虐非道な子供だったのだろうか_| ̄|○





べるぜバブ
男鹿の姉って烈怒帝瑠のリーダーだったんですね。ということは邦枝の先輩ってことに。男鹿の姉と邦枝が会ったことがあったかどうかは覚えてませんが、二人ともそのことは知ってるのでしょうかね?




恋染紅葉
7Dの楽屋シーン。なんかリアルにありそうな話ですね。イメージ的にはハロプロよりも48の方でありそうな感じがします。9、10期はケンカもしてるみたいですけどネチネチしてない印象ですが、48の方はなんか陰湿な感じが・・・w
神々たちより総選挙で上位に入ったメンバーが楽屋で神々たち(特に某アヒル口の人)に・・・という具合にw(゜o゜)w