最近読んだ本 201冊目「青の懺悔」

青の懺悔

青の懺悔



ある事件をきっかけに刑事を辞め、探偵業を始めた真崎薫の元に現れたのは、同級生でアメリカ帰りのプロ野球選手結城。結城は誘拐された息子を警察には内緒で助けてほしいと頼む。仕事と友情の間で揺れ動きながらも助力することにした真崎。身代金の受渡し役となったのだが、誘拐犯に襲われ身代金は奪われ、さらに人質は帰ってこないという最悪の事態に。自らのメンツにかけ再度犯人を追うのだが・・・・・。


探偵・真崎薫が登場する作品は、以前にも読んだ記憶があるんですけど、ちょっと思い出せません。その作品は、真崎が探偵になってしばらく経ってからのようでしたが、この作品は探偵になって初仕事の依頼人が同級生というもので、シリーズの最初の作品になるのでしょうかね。それぞれのキャラクターがイマイチ把握できずもやもやしたりもしましたがw
事件の真相は、まぁ、ありがちなものでした。普通に読んでて黒幕の予想はつく感じ。ベタでしたけど、それゆえに読みやすくもありましたけどね。