鬼束ちひろ『FAMOUS MICROPHONE』

FAMOUS MICROPHONE

FAMOUS MICROPHONE


ちひろっくのカバーアルバム。以下の曲が収録されています。



  1. Scarborough Fair (サイモン&ガーファンクル:1967年)
  2. Brass In Pocket (プリテンダーズ:1980年)
  3. Mother Nature's Son (ザ・ビートルズ:1968年)
  4. Time After Time (シンディ・ローパー:1984年)
  5. Desperado (イーグルス:1973年)
  6. Sweet Home Alabama (レーナード・スキナード:1974年)
  7. Take Me Home, Country Roads (ジョン・デンバー:1971年)
  8. You've Got A Friend (キャロル・キング:1971年)
  9. I Need To Be In Love (カーペンターズ:1976年)
  10. The Rose (ベット・ミドラー:1980年)
  11. Bitter Flavor Road (オリジナル曲)

  注)ウィキで調べてみましたが、発表年は違うかもしれません。すみませんm(_ _)m



詳しくは知らないけど、1度は聞いたことがあるという曲がほとんどでしたが、まったく知らない曲も数曲ありました。全体的に好きな曲が多かったです。名曲ぞろいなので当然かもしれませんがw
『Desperado』『Take Me Home, Country Roads』『The Rose』は、ちゃんとフルで聞いたのは初めてですかね。オリジナルとはちょっと違うでしょうが、どんな形でも名曲は名曲だなぁと。『Take Me Home, Country Roads』は、カントリーロードという曲名だと思ってましたが、正式には違うんですね。それにこの曲聞くと『耳をすませば』のコンクリートロード♪をついつい思い出してしまいますw
ラストのオリジナル曲『Bitter Flavor Road』も良かったです。他の収録曲と雰囲気も似ていてこの曲だけ浮くということもなかったですし、見劣りもしないかなと。ギターとハーモニカのシンプルな楽曲でしたが、私はハーモニカがいい感じで加わっている曲が好きみたいです。山崎まさよしさんの『セロリ』みたいにw