ジャンプ2012年25号

毎週土曜日はジャンプの感想で更新しております。それではさっそく参りたいと思います。
お暇な方は続きへどうぞm(_ _)m




【戦星のバルジ(新連載)】
どっかでみたことある画だなぁと思ったら『逢魔ヶ刻動物園』の作者さんなんですね。懐かしい。
前作もそうでしたが若干ファンタジー要素のある作品ですね。1話を読んだだけだと可もなく不可もなくという感じですかね。この手の話はあたりはずれが大きいですが、果たして・・・?



ONE PIECE
先週は雪男が強敵にみえましたが、1週経ってとたんにしょぼくなった。なんだかなぁ(ノ∀`)
今回のようなボケの連発とベタなツッコミは、以前もありましたよね。スリラーバーク編だったか、シャボンディ諸島編だったかは忘れましたが。1、2回ならまだしも、何度も同じパターンでボケを連発されるとちょっと飽きるかな(´・ω・`)
ナミの「役に立った〜!!!」というツッコミは、その前のロビンやウソップたちの会話に対するものでしょうかね。その場にいない人間の会話と繋げるのはどうなんだろう?とか超絶どうでもいいことを思ってしまいましたw
ラストのローの「重要な鍵」というのは、古代兵器のことかな?あるいは、ベガパンクの残した兵器?




NARUTO
この後カブトがどうなるかはわかりませんが、無限ループに嵌るっていうのは、ジョジョ第5部のラスボス・ディアボロの末路を連想しました。
うん・・・ただそれだけですw




BLEACH
メガネをかけている所為か、全体的な雰囲気の所為か、可城丸が藍染と同じく悪役に見えてしまうw
志乃って子は可城丸に好意を抱いているみたいですが、そのあたりも藍染雛森の関係に似てますしね。可城丸が実は滅却師の仲間とかだったりしないかなぁw




黒子のバスケ
いまいちやる気のない紫原がマジモードに突入。ラストにもう一波乱起こりそうですね。青峰や黄瀬が自分で自分たちのことを「キセキの世代」とか言ってるのはちょっとイラッときますな。凡人として(^ω^#)ピキッ
才能はあるけどやる気がない人間が変わるっていうのは、テニプリでもありましたよね。たしか阿久津とかいうキャラだった気がしますが。初登場からあまり好感が持てなかった紫原がどう変わるのかちょっと楽しみだったりします。
あ、そういえばラスト数分になれば木吉も復帰するんでしたね。試合後、木吉と紫原が意気投合とか?(ねーよw