ジャンプ2012年24号

毎週土曜日はジャンプの感想で更新しております\(^o^)/
なんかここ数週紙質が変わったように感じるのは私だけでしょうか?
そんなどうでもいい疑問を抱きつつ簡単ですが感想に参りまする。お暇な方は続きへどうぞm(_ _)m




斉木楠雄のΨ難(新連載)】
麻生先生の作品何気に好きなので連載は嬉しいです。でも読切とかでたまに読むから面白かった、というふうにならなければいいのですがw
勇者学やアイドルのやつと比べて微妙に作風が変わりましたかね。基本の笑いは同じなんですけど(うまく表現できん_| ̄|○




NARUTO
音の五人衆ナツカシス。サスケを連れ戻すためにナルトやシカマルたちが激闘を繰り広げた話は秀逸でしたなぁ。チョージが倒れるシーンとか今読んでもうるっときますしね(´;ω;`)



SKET DANCE
ボッスンに助けられてヒメコはボッスンへの気持ちを自覚したのかな?この作品は、3人が仲良くあほなことをやってるのが面白いと思うので、二人の恋の行方は進展してほしいような、してほしくないようなw





いぬまるだしっ
あれ?ちょ、まって!マジで終わる感じなの?もう卒園の話題になってるけど?マジで?この作品好きなのに�堯�゚Д゚;≡;゚д゚)




黒子のバスケ
ゾーンがチート過ぎる。途端に紫原も氷室もしょぼくみえてきた。昔のナルトの尾獣化と同じで、やばくなったらゾーンに入って逆転とかいう展開がお決まりになったらいやだなぁ(´・ω・`)



BLEACH
アヨンは確かに強力な存在ですけど、元柳斎に一度敗れてますからね。滅却師(もう名前忘れたw)が元柳斎クラスとは思えないですけど、アヨンも結局噛ませ犬で終わりそうなスメルがプンプンするw
あとどうでもいいですけど、また掲載順位下がってきましたね。最終章もアニメみたく中途半端に終わってしまうのでしょうか?