ジャンプ2012年23号

毎週土曜日はジャンプの感想で更新しております。
さっそく参りませう。物好きな方は続きへどうぞm(_ _)m




恋染紅葉(新連載)】
昨年でしたか。読切で掲載された作品ですね。あまり日にちが経っていないことを考えると、余程人気があったということでしょうか。
読切でも思いましたが、ヒロインの紗奈がカワユス。とくに見開きカラーはいいわぁ。個人的にはパジャマの方のまくらたんの方が好きやけどw(゜o゜)w
その『パジャマな彼女。』に『ニセコイ』を合わせてラブコメが3作目になるわけですが、大丈夫なのでしょうか。似たような作品がたくさんあってもねぇ。
今週号に限ればパジャマと同じようなラストでしたけど。どちらかが打ち切りになる運命なのかな?




ONE PIECE
何気に今週は順位が低めですな。新章の評価はイマイチなのかな?
扉絵はインペルダウン。ハンニャバルが署長になったのは描かれてましたが、マゼランは副署長になったんですね。2年前の大脱走の責任をとって自ら降格を願い出たというのが妥当な線でしょうか。あるいは、ガープのようにトップではない方が動きやすいという考えからかも。
本編の方は、かなりデリケートな話題を持ってきましたね。昔はこういうのも話の中で登場しましたが、最近は社会情勢を考慮してか出てきませんでしたからね。記憶の中ではHUNTERのNGLが新種の開発を云々っていうのが最後のような?
もしかたら社会現象にまでなってるワンピを通して、子供たちにドラッグの怖さを教えようとどこぞやの団体が働きかけたとか?尾田先生はそんなことで自分の作品の話を変えたりはしなさそうですけども・・・・・。




SKET DANCE
ボッスン怒りのパンチは、椿直伝『ツバキエクスプロージョン』だろうか?


と、いうどうでもいい疑問が浮かんだw





【いぬまるだし。】
いぬまるくんが「もしかして展開巻きに入ってる?」て言ってますけど、終わりませんよね?この作品好きなので終わって欲しくないんですけど。大丈夫ですよね?
ちなみに前作の『メゾン・ド・ペンギン』も好きでした。一番好きな話はツンエロ委員長でした(ぉ)




BLEACH
展開の遅い本編は、まぁ、いいとして(マテw
来月発売される小説はちょっと気になりました。一部抜粋されているのを読みましたが、中々面白そうですしね。ジャンプ作品の小説って結構ありますけど、ここまで気になったのは、Dioの手記以来かな。




こちら葛飾区亀有公園前派出所
犬に感動はよくわかりませんでしたが、ラピュタのくだりは共感できました。機械兵が撃たれるシーン・・・泣けます(そうか?w




めだかボックス
う〜ん、場面が変わりすぎてよくわからないというか、どういう展開にもっていきたいのだろうか?この作品はやっぱ生徒会長選挙編で終わるべきだったような(´・ω・`)




【現存!古生物史パッキー(最終話)】
最初から最後までよくわからない作品でした。目次コメント欄で「未熟でした」と本人が語ってますが、そのとおりかとw(゜o゜)w
そもそもこのレベルのギャグ作品で読切ならまだしも、なぜ連載になったのか甚だ疑問なんですが?編集部の乱心?←