最近読んだ本 180冊目「友情無限」

小説 友情無限  孫文を支えた日本男児

小説 友情無限 孫文を支えた日本男児



中国革命の指導者・孫文と彼を支えた日本人・梅屋庄吉の友情の物語。あとがきにもありましたが「史伝」ではなく「小説」ということで、すべてが事実というわけではないでようですが、大部分は事実を元にしたエピソードなのでしょうね。
ここ最近新聞でもこの二人の歴史に関する記事を読んだりしましたし、ちょっと前には浅見光彦シリーズでも孫文の遺産だったかなんだかが題材になっていたので、名前は聞いたことありますが、どんな人物だったかは初めて知ったといっていいぐらいです。とりあえず50過ぎて二十歳そこそこの若いこと再婚したのはうらやまだな←
ぶっちゃけ三国志封神演義藤崎竜先生限定)、元娘。のジュンリンあたりは好きですが、ここ最近のあの国にはいい印象を持っていないので、この作品を読んでもなんだかなぁという感じでしたけどもw
ひとつの小説としてはそれなりに読めますが、面白いかどうかと問われれば難しいところがある作品かとw(゜o゜)w