イタリアの至宝


ユベントスの象徴アレッサンドロ・デルピエロが今シーズン限りで退団とか_| ̄|○
現役プレイヤーの中では数少ない好きな選手だったので寂しいです。36歳と年齢的にフル稼働は難しくなっていましたが、これまでの経験によりいぶし銀な活躍やチームへの忠誠心は若い選手のお手本になっていたでしょうが、オーナーは世代交代を進めたいとのこと。
36歳とはいえまだ十分プレーはできるでしょうけど、デルピエロユベントス以外のユニフォームを着てほしくないという気持ちもあるので複雑な心境です。ラウールがレアル・マドリーを退団したときやアンリがアーセナルを去ったときも寂しかったですが、デルピエロの退団も同じくらい寂しいです。
NBAもそうですが、こうやって長年好きだった選手の退団や引退という話を聞くと時代は確実に流れているんだなぁと感じます。気付けば私も30代ですし、当然なんですけどね(´・ω・`)w