ジャンプ1号

休日出勤で疲れた黒月です、こんばんはm(_ _)m
来週も出勤しないといけないかもしれませんが、がんばりなっちゃんしようと思います∩(^ ∀^*)
そして疲れたあとはりのべラジオでリフレッシュ☆カナ
では、その前にジャンプ感想更新を済ませたいと思います。今号から新年第1号。2011年の背表紙はワンピ、ナルト、ブリときて両さん。正直微妙な感じですが、1年間連載終了にならない作品じゃないといけませんから編集部も選ぶの大変ですねw



ONE PIECE
深層において未知の生物に襲われる麦わら一味。なんとか難を逃れるがつづいてフライングダッチマンに乗る呪われた海賊バンダーデッケンが登場。彼が従える巨大アンコウと海坊主に攻撃されそうになるが、そこへクラーケンが割って入る。先ほどまでの敵クラーケンはルフィに手懐けられていたのだった・・・・。
先週予想した服を着たサメはまったく関係ナッシング。相変わらず自分の読みの甘さに・・・・_| ̄|○
尾田先生のことですからあのサメも何かしら重要な役回りは果たすとは思いますがw
しかし今回の海坊主は驚きました。まさか海底に存在させるとは。ほんと尾田先生は読者を楽しませてくれますな(・∀・)
今回は海賊船フライングダッチマンも登場。オランダ人のことですね、たしか。往年の名選手クライフのあだ名でもありますが、そもそもは「さまよえるオランダ人」とかなんかそんなタイトルの小説からきたものだったと思います。最初みたときはパイレーツ・オブ・カリビアンの影響もありキャプテン・ジョンが生きていたのか?とか思ったりしましたけどね。
ワンピはさらに面白い展開になってきましたが、そろそろ魚人島について欲しいと思ったりも。まさかアラバスタに行く途中にドラム王国へ寄ったみたいにかなり先の話になったりはしないですよね?w




BLEACH
浦原の元へ訪れる夏梨をみて動揺した一護だが、ひとまず帰宅することに。帰宅した一護をみて遊子は一護の微妙な変化に気付くが、口には出せず。心配した織姫も一護の訪れるが核心には触れられない。同じく一護の元へ訪れた石田は近くで不穏な霊圧をもつものに遭遇。追跡をするが、一瞬の隙に重傷を負わされてしまう・・・・。
先週と同じくテンポが遅い。一体いつになったら新シリーズの敵が現れるのかねぇ(´・ω・`)
いっそのこと銀城に渡されたカードがサイレンに出てきたテレホンカードだったらおもろいのにw(゜o゜)w




【006(読切・漫画カーニバル第1弾)】
イジメられっ子のボンドは、ある日困っていた子供を助けてあげた。しかし、ちょっと変わったてはいたが普通だと思ったその子は、6歳にして天才と謳われる凄腕のスパイ”006(ゼロゼロシックス)”だった。天才故の孤独に悩んでいた6の一生を賭けた任務は友達を100人つくること。6を助けたボンドは6の7人目の友達に認定されたのだが・・・・。
ズバ抜けて面白い、というわけではなかったですがいい印象を抱いた作品でした。話もごちゃごちゃしてませんでしたし、担当の一言にもあった「セリフが多い」というのも気になりませんでした。ボンドのリアクションが古いというかクドい感じはありましたが、話が甘っちょろい友情ものなのでアクセントとしてはよかったかもしれないですね。
6が使っていた七つ道具は厨二病臭かったですけど、アリだと思います。ああいうの好きです(・∀・)
6の衣装はルパンをイメージしたのでしょうかね。赤いジャケットに黒い銃ですし。あれ?ルパンって緑のジャケットでしたっけ?思い出せんw




ぬらりひょんの孫
いまのままでは晴明に勝てないと悟ったリクオはついに奴良組三代目を襲名する決意をしたのだった・・・・。
ぶっちゃけ話自体はどうでもよくて(マテw)一時と比べると掲載順位がかなり低いですが、次週から新章スタートとかいって大丈夫なのでしょうか?すぐに打ち切りとかなったりは・・・?(余計なお世話