日本スポーツの限界

日本の指導者を悩ます「従順」「妄信」 :日本経済新聞


中々興味深いコラムですね。たしかに日本の指導者や指導方法は欧米諸国からみたら合理的ではないのかもしれませんが、これにはこれのいいところがあるとも思います。要は一長一短ですね。いいところって何?と聞かれたら困りますがw
フットボールというカテゴリーにおいては、様々な問題(プロ野球と違いJリーグの選手の年俸が低いことや引退後のことなど)から子どもたちが全力でプロになるために取り組むには、日本では限界があると思います。どうしても学校に通いながら、みたいな感じで生活全てをプロ選手になるために、という訳にはいかないですからね。
結局のところ、現状で可能な最大限の努力をして世界と戦うしかないのだよ(緑間風w