最近読んだ本 71冊目「棄霊島」

棄霊島〈上〉

棄霊島〈上〉

棄霊島〈下〉

棄霊島〈下〉


前回に続き浅見光彦シリーズ。100番目の事件だそうです。仕事で長崎に行くことになった浅見が旅の途中偶然知り合った元刑事と意気投合し仲良くなるのですが、その刑事が静岡でなぞの死を遂げる。その真相を解明するために奔走するというお話。
浅見のやり過ぎじゃね?と思うくらいの推理力(ある意味妄想力w)と小説にありがちなご都合主義はちょっとどぅなの?と思ったりもしましたが、読み易いですし、複雑に絡み合う人間関係や北朝鮮との政治的な関係とか興味を惹かれる作品でした。
そして、何よりいつもうざい軽井沢の作家が今回も登場しなかったのがよかったw(゜o゜)w