最近読んだ本 64冊目「貴賓室の怪人」

シルクさんがりのべにリンクを貼ってくださってから毎日りのべからのアクセスがあります。嬉しいですけど皆さんそんなに暇なんですか?w
ダメですよ。こんなところに来たりしたら。中間テストのときの某SKEメンバーみたいになっちゃいますから(・∀・)



それでは今週読んだ本の紹介を。

貴賓室の怪人―「飛鳥」編

貴賓室の怪人―「飛鳥」編


2時間ドラマでもお馴染みの浅見光彦探偵シリーズ。私は観てませんがたしかいま連ドラでもやってますよね。
今回も作者の内田康夫先生が本人役として登場しております。豪華客船による世界一周の旅の途中で殺人事件が起きるのですが、ミステリー小説にしては珍しく事件がはっきりとした形で解決しません。だからといって消化不良にはならなかったです。あくまで殺人事件に関してはですけど。
問題はタイトルにもなっている「貴賓室の怪人」の謎が解決しなかったことです。が、よくみるとサブタイトルとして「飛鳥編」とあります。エピローグでも続きがあるように書かれていましたし、冒頭に地図があったのですがそれも世界一周と言いつつインドまでの地図しか載っていなかったので、なんとなく不思議な感じはしていたのですが続編があるとか・・・・・超絶続きが気になる(ノ∀`)