妄想ネタ”雨”

今日の福岡は雨でございます。そんな雨の中駅からの帰り道にふと思いついた妄想を紹介します。前回同様長いですし、かなりイタイです。真面目な方はご遠慮ください。優しい心をお持ちの方のみ続きへお進みくださいませ。



「お疲れ〜」
「お疲れさま」
「あれ?里英ちゃんも傘ないの?」
「うん、忘れちゃった。れなちゃんも?」
「うん、そうなんだけど・・・あ!来た」
「お待たせ」
「遅いよ!このバカ犬!」
「ちょwせっかく迎えに来てやったのに何その言い方w」
「うるさい、さっさと帰るよ。じゃあ、そういうことだからごめんね」
「ううん。気をつけてね」
「うん、おつかれな〜」
「おつかれな〜」
「お疲れ」
「あ!お疲れさまです」
「ん?北原傘ないの?」
はい、忘れちゃって」
「バカだなお前、ちゃんと結野アナが夕方から雨って言ってたろ」
「今日寝坊しちゃって慌ててたんです」
「あぁ、そういや今朝寝癖がひどかったもんな」
「や、やっぱり!やだ、どうしよう(赤面)」
「今更照れてもしょうがねぇだろ」
「そうですね」
「んでどうすんの、タクシーでも呼ぶ?」
「給料日前でお金ないんで、止むのもうちょっと待ってみます」
「そっか、じゃあな」
「はい、お疲れさまです」



「あれ?どうしたんですか、忘れものですか?」
「まぁ・・・その・・・なんだ、駅まででよかったら一緒に行くか?」
「ホントですか!?ありがとうございます!ホント言うとどうしようか困ってたんですよぉ」
「ならそう言やいいのに」
「えへへ」



「なんか相合傘みたいですね」
「相合傘って久しぶりに聞いたわw」
「すみません、こんな女と一緒で」
「そん・・な、ことねぇけど」
「あれぇ?先輩照れてますぅ?」
「な、なんいいよぉとや、そんなわけなかろうが」
「テンパって方言出てますけど」
「う、うっさい」
「うふふ」
「じゃここで」
「はい、ありがとうございました。ホント助かりました」
「こんくらいでそこまで感謝されても困るけどね」
「おやすみなさい」
「おやすみ」



−ブルルルル−
「メール?・・・北原からか」
−さっきは本当にありがとうございました(*・ω・*)今度お礼しますね、体で(ハート)−
「!!!!あ、あほか、あいつ・・・ったく最近の若い奴らは冗談なんだか本気なんだかわかんねぇな」
−ブルルルル−
「ん?またメールか」
−いま最近の若いもんはって思ったでしょ?w(゜o゜)w−
「なんでわかんの?何?あいつどっかでオレのこと見・・・・・・なにしてんの?」
「いえ別に」
「別にじゃなくて帰ったんじゃねぇの?」
「そう思ったんですけど・・・」
「けど・・・何だよ?」
「お礼は早い方がいいかなぁと思って(赤面)」




真面目なきたりえヲタの方すみませんm(_ _)m
自分で読み返してみて最後の方は、ふと「東京ラブストーリー」を思い出しました。リカとカンチがおやすみとあいさつをしてるのに中々お互い家路につけなくて、それならせーので後ろを向いて別れよう、ということになり後ろを向くのですが、カンチがふと気になって振り返るとリカは振り向かずずっとカンチをみていたというシーン。そしてカンチが「ずりーなぁ」と言った後リカが駆け寄って抱きつき「好き」というシーンに続きます。もう20年近く前のドラマですけど鮮明に覚えてますねw
だからなんとなく似た感じの妄想になってしまったのかも。