NBAファイナル2009 第5戦@ORL

ロサンゼルス・レイカーズ(4勝) 99-86 オーランド・マジック(1勝)


レイカーズ、7年振り15回目の優勝!おめでとうございます!
昨年のファイナルでは宿敵ボストン・セルティックスに39点差での敗退という屈辱を味わされていただけに、たとえ相手は違うといえど喜びもひとしおでしょう。全体的な印象としてはレイカーズは活躍すべき選手が活躍しましたが、マジックはエースハワードがオフェンス面であまり貢献できなかったのかな、と感じました。結果としてはレイカーズ有利という戦前の予想通りにはなったのですがマジックも若い選手が多い中素晴らしい戦いをしましたよね。第2〜4戦はかなり接戦でしたから。キャブス同様将来が楽しみなチームです。
が、しかし、すべてのチームが敗戦を糧にさらなる高みへ登れるかといえば必ずしもそうとは言えないのがNBAなんですよね。期待されながら崩壊していったチームが過去いくつあったことか。マジックがそうならないことを願いますw
さてこれで2008-09シーズンも終わりました。いつもそうですがいざ終わってみると早かったなと感じますね。とりあえず選手の皆さんおつかれいなでした。しばしの休息をお楽しみくださいませ。来シーズンの健闘を祈ります。