プレーオフ2009 カンファレンス決勝

NBAファイナル進出チームが決定しました。カンファレンス決勝の結果はご覧のとおりです。

イースタン
クリーブランド・キャバリアーズ 2−4 オーランド・マジック


【ウエスタン】
ロサンゼルス・レイカーズ 4−2 デンバー・ナゲッツ

イースタンは大方の予想を覆してマジックが勝利。カンファレンス準決勝の感想では「遂にレブロンの時代が到来か?」とみたいなことを書きましたが意外な伏兵にやられてしまいましたね。いや若いとはいえリーグ屈指のセンタープレーヤーであるハワード率いるマジックを伏兵と呼ぶのは失礼かもしれないですね。レブロンの失望のほどはおそらく我々には理解できないほど強いものでしょうけど、この敗戦をこれからの糧に彼はさらに偉大なプレイヤーとなるでしょう。スーパースターは挫折を経験して真のスーパースターとなるような気がします。でもこれがきっかけでFA移籍とかしてしまいそうな気もw
一方ウエスタンはレイカーズ。キャブス同様レギュラーシーズンが好調だった割には苦戦したような印象を受けました。でもロケッツとのカンファレンス準決勝も苦戦しましたからね。やはりプレーオフはレギュラーシーズンとは違う特別なものなのでしょう。苦戦してもしっかりと勝利を掴むあたりはキャブスとの地力というか経験の差がでたのかもしれないですね。
2009NBAファイナルはロサンゼルス・レイカーズvsオーランド・マジック。おそらくプレーオフ開幕前にこのカードを予想した専門家はあまりいないでしょう。だからこそスポーツは面白いですね。