NBAレギュラーシーズン総括

さていよいよプレーオフが始まったわけですがちょっとここらでレギュラーシーズンについての感想でも。最終的な順位はこちらで。
まずイースト。
ダンクシュート5月号では最終的には第8シードはボブキャッツになるのではと予想していましたがブルズがきましたね。というかピストンが失速して最終的に負け越し。これには驚きました。こうなってくるとビラップスとアイバーソンのトレードは失敗と言わざるをえないですね。ただ1回戦では第1シードのキャブスと対戦。もしここで史上4度目の番狂わせを起こせればあるいは。そしてその第1シードのキャブスはリーグ最高勝率でプレーオフ全体のホームコートアドバンテージを獲得。これでレブロンのMVPは9割方当確ではないでしょうか。
次にウエスト。
こちらも2〜8シードは混戦となったようですが最終的にサンズが脱落しました。やはりこちらもシャックのトレードが失敗だったといわれるのでしょうがこれで来シーズンチームが大幅な改革を行う可能性が大となりましたね。第2シードはナゲッツピストンズから加入したビラップスの存在が大きかったのでしょうけどMVPでレブロンの対抗馬になるのはこのビラップスではないでしょうか。
近年NBAの勢力は西高東低と言われてきましたが、今回の最終成績をみると必ずしもそうとはいえないのではという気がします。ウエストでプレーオフを逃したサンズ以外のチームとイーストでプレーオフを逃したチームの成績を比べるとイーストの方が上ですからね。ウエストは強いチームと弱いチームの差がはっきりしていて、イーストは比較的強さが拮抗しているというだけではないでしょうか。そんな気がします。
他に個人タイトルで気になっていたのがFT%ランキングのラプターズのホセ・カルデロンです。最終的に98%という驚異的な成功率でタイトルを獲得したみたいですね。154本中151本成功。確か規定本数が125本くらいでしたからぎりぎりな感じではありますが失敗わずか3本とはホントに驚異的です。いずれマーク・プライスの通算成功率も抜くのではないかという気もしてきます。
こんな感じでレギュラーシーズンの総括を終え早いですがファイナルの予想でも。2008-09ファイナルはレイカーズvsセルティックスの再戦でスルティックスが連覇。まぁ、あくまで予想です。私の予想が当たる確率は銀行の預金利率より低いですけどw