ガンダムOO 2nd 第23話「命の華」

毎週日曜日はガンダムOO感想更新の日でございます。あと数話となりいよいよ大詰めですね。それでは参りましょう。


思いのほか簡単に死んでしまった感のあるリジェネ。ネーナといいワン・リューミンといいもうちょっと取り上げてくれてもよかったかな、と思いました。
前回チラッと登場したクローン部隊のような兵士は特攻部隊でした。最初彼らの乗るMSをみたときはキュベレイMkⅡみたいだなと思いましたが、実際は特攻用MSということで。しかもいつの間にかあの技術官が仲間になっててトランザムまで搭載しているとか。これが何気に今までで一番衝撃が大きかったシーンでしたw
各地の戦局はソレスタルビーイング側が不利な展開ですね。ロックオンはサーシェスに、ティエリアは二人のイノベーターに、アレルヤは特攻部隊に、スメラギはオートマトンと技術官に、それぞれ最大のピンチと言っていいと思いますが果たして全員生き残れるのでしょうか?何人かは戦死するとは思いますけど・・・。
ラストではティエリアがベーダと思われるコンピュータルームにおいてリボンズと対峙。激しくティエリア戦死の匂いがプンプンとw
あともう一つ。ラッセが搭乗したOガンダム。これまで度々登場してきましたがこれって思いっきりRX−7ガンダムですよね?さすがにこれはダメでしょw