最近読んだ本 25冊目「殉愛」

殉愛

殉愛

主人公の一途な想いに感心すると同時にまたしても人間の醜い部分を読んでしまって厭な気分になりました。私自身嫉妬深いところがありますが、大倉ほどではないと思っていますけどどうなんでしょうかね。周りの人はそうは思ってないのかもw
読んでて携帯とかパソコンが出てこなかったのでおかしいなと思っていたのですが、時代設定が70〜80年代だったんですね。途中まで全く気付きませんでした。あとこの商品を検索しようとしてタイトルが”純愛”ではなかったことに気付きました。意味的には愛に殉ずるということなんでしょうかね。くさいけどなんかいいw