変革の刻

昨日のアメリカ大統領選挙で、民主党バラク・オバマ氏が黒人では初となる第44代アメリカ合衆国大統領に選出されましたね。おめでとうございます。今現在でも人種差別というのは根強く残っていると思いますし、多くの人から期待を寄せられこれから本当に大変だと思いますが、自ら語る「変革」を達成するためにもぜひともがんばってほしいと思います。
そしてもう一つサッカー界でも大きな出来事がありましたね。アルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナ氏がアルゼンチン代表監督に就任したことです。このことに関してはアルゼンチン国民からも否定的な意見が多いようですね。”名選手必ずしも名監督にあらず”ということなのでしょうけど、名選手であり、また名監督でもあった人物は結構います。オランダのヨハン・クライフ、NBAのラリー・バード、日本野球界では野村克也監督などです。そういう意味ではマラドーナ氏の今後にも大変興味深いです。ただ、ぶっちゃけ私は彼のことがあまり好きではないので、できれば失敗してほしい☆カナ